トップ > 全日通とは > 組織構成
組織構成
主な活動紹介
組織構成
所在地一覧
運営
組織綱領
沿革
全日通労働歌
全日通には、中央本部と総支部、支部という3つの機関があります。
  • 中央本部は東京に事務所があり、全国から選ばれた中央役員で構成されています。定期全国大会で決められた方針を実現するための司令塔であり、全国をひとつにまとめる大きな役割を持っています。
  • 総支部は、会社ブロック単位で配置され、ブロック内の経営課題への対応と、管内各支部の指導統制にあたっています。
  • 支部は、原則として都道府県単位に置かれ、管内のとりまとめや指導、統括支店との交渉などを行います。支部はあわせて、組合員一人ひとりの仕事や生活について、不安や心配ごとを聞き、これを本人の立場に立って考え、解決のために助言をしたり、会社と交渉したりします。また、組合員の意見や要望をまとめ、中央本部に意見を反映させる役割も持っています。支部には、地域や職場単位などで協議会や班が設けられています。

中央本部 8ブロック 9総支部 38支部
中央本部
北海道
北海道
札幌、旭川、釧路、
北見、帯広
東北
東北
宮城、福島県、
岩手、青森、
山形、秋田
関東
北関東
・信越
新潟県、長野県、
群馬、栃木
関東
本社、東京、
神奈川、千葉
中部
中部
愛知県、静岡県、
富山県、石川県
関西
関西
大阪、兵庫県、京都
中国
中国
広島県、岡山県、
山口県、鳥取県、
島根県
四国
四国
四国
九州
九州
福岡、大分県、
宮崎県、鹿児島県、
熊本県、長崎県